池田屋の日々:池田屋の器


透き通るような土佐ジロースープに映えるドライトマト

美しい青。

池田屋の三里膳に使っている器です。

蔵で眠っていた代々受け継がれる器たち。

物を大切にしてきた先代の方々の恩恵をここでも受けています。

不思議なもので、

モダンなもの、ガラスのもの、赤、青、白・・・

種類は様々なのに

一緒にお膳へ並べると仲良く収まりがつくのです。

蔵で、台所で、池田屋の空気をずっと吸っていた仲間だからでしょうか?

他にも、池田屋の展示でお願いした作家さんの作品を使わせて頂くことも。

見て、使って、なじんでいく芸術品たち。

池田屋にて精進料理の教室での風景

時に、

こうして一式そろえの器でかっちりと

時に、庭の葉っぱを拝借して自然な様相に。

器は可能性が無限大。

乗せる料理の魅力を引き出してくれる大切な役割です。


0回の閲覧